ノミネート|LUX ストレート&ビューティー 新発売キャンペーン

LUX ストレート&ビューティー 新発売キャンペーン
「GO」を出した人
ユニリーバ・ジャパン、クリプトン・フューチャー・メディア
突破した人
アサツー ディ・ケイ
作品をみる

作品説明

"シャンプーするだけでストレートヘアになる"という今までにない特長の新商品に、20代女性に興味を持ってもらいたい。そこで、"今までのシャンプーにない展開"を押し出すため、二次元キャラクターである初音ミクさんを活用した60秒のTVCMを制作しました。

CM放映初日に"LUXCM"でtwitterトレンド7位入りを記録!テレビ・Webメディアでも多く取り上げられ、メディア露出は350媒体超えました。また、YouTubeの動画再生回数は1ヶ月で300万回を突破。予想を上回る販売の好調さで、嬉しい悲鳴をあげています。

突破エピソード

最大の障壁は、クライアントの「シャンプーのCMに二次元キャラはアリなのか。それがターゲットに響くのか」というそもそも論でした。
シャンプーのCMではよく、女優を起用するなどしてその効果(=髪がサラサラになるなど)を伝えます。それが実写ではなく、CGになって大丈夫なのか…

それに対して、①ハリウッド女優にひけをとることなく、またターゲットの20代女性からも支持を得ている、世界的に活躍している唯一無二の日本人であること、②公式として初めて初音ミクさんにツインテールをほどいてもらうことで、確実に話題性が獲得できること、③映像のクオリティにこだわり、LUXの世界観らしい大人の『LUXミクさん』を描くことなどを熱心に伝えました。

公式としては初めて初音ミクさんに"ツインテールをほどく"ことを承認してもらう、共演するハリウッドセレブのスカーレット・ヨハンソンさんにも承認してもらうなどの障壁もありました。
とにかく、今までにない新商品だからこそ、既成概念にとらわれない企画である必要があるという"ストレート"な熱意が突破のポイントとなったと思います。