審査員特別賞|僧侶手配サービス 『お坊さん便』

僧侶手配サービス 『お坊さん便』
「GO」を出した人
株式会社 みんれび
突破した人
株式会社 みんれび
作品をみる

作品説明

これまでみんれびでは、インターネットからお坊さんを定額で手配できるというサービスを扱っていましたが、"定額"という形態であることからECサイトでも販売が可能と考えました。
そこで、Amazonマーケットプレイスに全国一律定額・追加料金なしで法事・法要の際に僧侶を手配できるサービス『お坊さん便』を出品し、販売を開始しました。
それにより、Amazonから法事・法要にお坊さんを呼ぶ、戒名を頼むことが可能となりました。

Amazonマーケットプレイスへの出品開始を発表した後は、『インターネットでお坊さん(に法事を)を頼むことができる』ということを各種メディアに取り上げられたことで、多くの人々に知っていただくことができました。
発表から1ヶ月で560以上のメディアで紹介され、国内だけでなくアジア・北米・南米・欧州など、10の国と地域で取り上げられました。
お坊さん便のお客様窓口への問い合わせ件数は年間8,000件から12,000件に増え、提携の僧侶も400名から600名に急増しました。

突破エピソード

インターネットからお坊さんを定額で手配できるというサービスを開始してから2年半経った頃、利用者数は年々伸びているもののまだまだ知名度が低い!もっと多くの人が依頼しやすくするにはどうすれば良いのか?という課題がありました。

そんな時、代表の芦沢が「販路を増やそう!」「いまやなんでも買える・頼めるAmazonに出品したい!」とひらめき、社内でプロジェクトが発足。
Amazonで仏事という過去に例のないアイデアに、本当にそんなことができるのか…?と社内がザワつきました。
お坊さん便という無形のサービスをどうやって出品するかという問題がありましたが、芦沢の熱い思いもあってAmazonマーケットプレイスへの出品が実現しました。

審査員からのコメント

初めて存在を知った時に、これは物議を醸すサービスが出てきたなというのが一番最初にありました。単純に尖ってるな~と感じたのと、販売するに至るまでに想定されるたくさんの障壁をどう越えてきたんだろうという疑問が生まれ興味を持ちました。 賛否がすごく分かれるようなものだと思うのですが、とはいえ、常識を突き破り大きなインパクトを残したというのがあって、これを誰かが表彰しなきゃダメだなと思いました。

シモダテツヤ