金賞|ひらかたパーク 『ロシアン観覧車』

ひらかたパーク 『ロシアン観覧車』
「GO」を出した人
京阪電気鉄道 株式会社 ひらかたパーク
突破した人
株式会社 博報堂関西支社、株式会社 東映シーエム大阪支社、株式会社 アストラカン大阪
作品をみる

作品説明

昔からある関西の遊園地・ひらかたパークに行こうと思うきっかけを作りたい。しかし、某テーマパークのように新アトラクションを作るお金はない。そこで目をつけたのは、どこの遊園地にもある定番アトラクション『観覧車』。
ロシアンルーレットのように10台に1台、外が完全に見えない"ハズレ"のゴンドラを作り、平和の象徴のようなこの乗り物に体験したことない刺激を与えることにしました。

めでたく"ハズレ"に当たった人には、"見えていたはずの風景の写真集"と、ここでしか聞けない"スペシャル音声ガイダンス"を用意。徹底して悪ふざけ感を満載にし、ハズレという境遇を楽しんでもらいました。

突破エピソード

観覧車=景色を楽しむもの。それだけに景色が見えない"ハズレ"を楽しむというアイデアに対して、お金を払って乗りに来てくれる人々からのクレームが予想されました。そんな企画にクライアントはOKを出してくれるのか…

「このシャレがきちんと通じるのか?」という不安を感じつつも、今までにない観覧車の使い方で人々を楽しませたいという想いで、運営をするクライアントとともに真面目な打ち合わせを何度も繰り返し、いつしかチーム一丸となることで世の中に施策を送り出すことができました。
こうして平成3年より、ただ静かに回転していた観覧車を、来園者の気持ちを揺さぶるエキサイティングな乗り物にかえることに成功しました。